借地権って一体なに?

借地権は不動産関係の基礎知識として知っておきたい権利です。
この権利は優先的に、そして継続的に土地を借りられる意味があります。
この権利を持っているケースとして、土地は所有者から借りているものであって、その土地の上の建築物は自分が所有者であるといった形が多くみられます。
この権利は、土地を借りて物件をその上に建築したのにも関わらず、後々になって土地から追い出される事を防ぐために、国が借地権として保障を行っているものです。
借地権は貸している側より、借りている側の方が有利に権利が働いている特徴があります。

土地を貸す側は、自分が所有している土地を別の目的に利用したくなったとしても、借地権によって現在の借主に立ち退いてもらう事が出来ないように保障されてしまっているのです。
ですが、土地を明け渡してもらいたいという場合には土地の所有者が借地の権利者に対して立退料を払う事によって、土地を明け渡してもらう事も交渉によっては行えます。
借主にとっては、法律によって保護されているために、借りた土地に物件を建てると半永久的に済む事が出来る様になります。
ですが、地主に正当な理由がある場合に限って、契約の更新を断る事も出来ます。

こちらのサイトでは、借地権とは何かを紹介します。
借地権が何かよく分からないという方は、ぜひご一読いただければと思います。
しっかりと基本を押さえて正しい知識を身に付けるお役に立てれば幸いです。

Copyright © 2014 借地権ってなに?不動産の基礎知識を徹底紹介! All Rights Reserved.